2005年11月03日

フジヤ祭り。

■僕の大好きな藤山さん、とかくメディアの露出が少ない、地味な選手だと思います。

一時は「東京から代表に選ばれるのは、ユキヒコ・藤山・コバあたりかな?」と囁かれる時期もありました。
都並さんも藤山さんの左SBとしての能力を認めてた発言してましたしね。


■そんな藤山さんが、今朝発売のエルゴラに「Jリーガーの肖像」という記事で特集されてました。

no-title

「下部リーグの苦しさを知っているからこそ、落ちたくない」
「長い間サッカー選手やってきたけど、華々しいことは何もなかった」
「まだまだ一花も二花も咲かせたい」
「目標は現役を20年続けること」

いんたぶーをかいつまんでみました。
99年から藤山さんに魅せられ、途中サッカーから離れた時期もあったけど、ずっと東京を見てきた僕にとって、
藤山さんの口からこういう風に聞けるのは、なんというか胸に熱いものがこみあげてくる、そんな気持ちです。


■今の東京には、東スタ(現味スタ)からのサポ・東京ガスからのサポ・J2からのサポ、ほんとに様々なサポがいます。

一方でJSL・JFL時代を知る選手は少なくなってきています。

だからまだまだ藤山さんの存在は必要不可欠だし、今年で現役15周年を迎えましたが、
あと5年と言わず一年でも長く現役でいてください。


■さらに今朝のトーチューの記事は、藤山さん単独の記事でした。

明日は天皇杯、アビスパには恐い思い出もあるけど、どうか怪我だけはしないでください・・・
posted by jimon at 00:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 8番 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。