2005年08月21日

対浦和戦@埼スタ(05'・8/20)改訂

一晩寝て落ち着いたので、先の記事は削除しました。

きっちりいいところ悪いところを見ていきましょう。


■埼玉はやっぱり遠すぎ。
18時キックオフなのに帰宅したのは23時半。
疲れた・・・


■スタメン・フォーメーションは・・・
 ササ ルーカス
馬場    鈴木
 今野  梶山
金沢    加地
 茂庭  ジャーン
   土肥
まず思ったのは「なぜユータ・ジョーの左サイド?ノリオ・加地の右サイド?」ってこと。
人を使う系選手だけの左サイドは完全に死んでたし、突破・走り込み系だけの右サイドはボールが落ち着かない。
梶山のボランチで浦和のポンテの加わった中盤に叶うはずないんだから、せめてサイドを活性化できていれば、縦の放り込みばっかだった昨日も、ある程度やれてたかと思う。


■何度も言うけど、走れ!

トライしてミスするならまだしも、プレスは甘い、第二・第三の動きはない、結果ボールが簡単に奪われて中盤を制圧される・・・


こういう展開、バイヤン戦とまったく一緒。一ヵ月の中断中何してたんやろか??
まったく進歩してない、プロじゃないよ。


■試合後の監督コメントで記者が「浦和とはタレント面での差はないと思うが?」という質問をしてた。

すごい皮肉たっぷりな質問ですね。
裏を返せば「負けたのは監督の能力差ですか?」と言っている、そう感じた。

僕自身はあまり監督問題に言及したくないから、この話はここで終わり。


■悪いとこだけじゃなくていいところもね。

ササは本物。公式戦ファーストタッチでいきなりゴール!
本物のストライカーだわ、彼は。

ナオ、だいぶ集中力出てきたね。
これをきっかけに復調できるかな?

栗澤もよかったなぁ。
まだまだ小さくまとまってる感はあるけど、いい選手。


■なんだか水増ししたような44400人が集まった埼スタ、ピッチが近いからバモしながら展開見れるのはいいけど、いつもながらアウェイがしんどいスタジアムだね。


■と・に・か・く、連敗中のときより悪い感じに見えたから、次の名古屋戦は絶対に勝たないと!
posted by jimon at 10:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | リーグ戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6090891

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。